お店の借金が返済できず親に借りることに

パン屋を経営しているのですが、どうしても自分の夜の遊びが酷くて、色んなところに借金をしていました。
毎月借入の返済が120万程あり、どうしても返済が出来なくなり最終手段の親に頭を下げることにしました。
夜に実家に行き、借金の返済ができない旨を話すと、かなり激怒されすべての借金額とどこで借りているのかすべて説明しろという展開になり、

 

その次の日にすべての金額を書いた紙を親に持っていくと、母親に泣かれてしまいました。
泣いた一番の原因は借金が3000万まであったので破産が頭をよぎったのでしょう、そうなれば保証人になっている分が親に来るので、それをかなり心配してました。
母親の友人に詳しい人がいたので母親が相談しに行ったところ、その人が司法書士の人を紹介してくれて、破産ではなく債務整理することになりました。
ヤミ金などもあったのですが、その分の返済は法律上返済しなくても済んで、最終的に1200万まで落とすことができ、それを毎月15万づつ払うことになりました。

 

パン屋を経営している人はわかると思いますが、パン屋は利益を出すのがほんとに難しい商売です。
小さい頃からの夢で実現することができましたが、100円のパンの粗利は20円程度ですので、それを何百売らないといけません。
親に言うまでは毎月自転車操業で120万返していたので、3000万まで膨らむのは簡単でした。
ヤミ金なども実家がかなり大きなビルを持っていたので貸してくれたと思いますが、債務整理をしてしまったのでかなり恨まれていると思います。
それからと親には見張られ、兄弟にはバカにされ、借金は減りましたが精神的な疲れはまったくなくなりません。
パン屋の従業員も母親が手伝うことで減らすことになり、親が常に監視しているので、今まですぐに従業員に任せて寝てたりしていたのですが、一休みなんていうこともできなくなりました。

 

しかし親にとっては最悪な息子だと思います、借金のことを言う1ヵ月前に社員全員で旅行に行って、親に土産を渡していたんですから。
子供の頃は親に殴られることはありましたが、大人になって30過ぎて親に殴られるとは夢にも思っていませんでした。
父親も自分の仕事が終わってからパン屋を手伝いに来てくれて、この借金をどうにかしようとして頑張ってくれているので、
自分も睡眠を削ってでも、一日でも早く親をラクにしてあげようと思います。
もしあの時、パン屋をたたまないといけなかったら親に勘当されていたでしょね。